トップページ > ピュアコミュニケーションブログ

Pure Communication Blog

カテゴリー:子どもとの関わり方♡

虐待の連鎖を食い止めるたった一つの方法

こんばんは!

一般社団法人ピュアコミュニケーション協会
トップインストラクター兼
アシスタントのLunaです(^^)♡

 

今日は一段と真面目なお話。

 

人間関係がうまくいかずに悩んでる方や
子育てしている方・これからする方
教育や福祉などで
子どもに関わるお仕事をされている方
にはぜひぜひ最後までみていただきたい。

 

 

先日お仕事で、
「虐待の連鎖と断ち切る唯一の方法」
について学びました。

 

 

親から
殴られたり無視されたり
体を触られたり人格を否定される
などの不適切な関わりを受けて
育った人だけでなく

 

両親の仲が悪く
激しい喧嘩の場面をみたり
母親が父親の悪口を言ってきたり
(逆も然り)

不仲な両親の間で育った人は

自己肯定感が低い。

 

 

自己肯定感が低いから
相手との心地よい距離の取り方が
わからなかったり

 

相手の機嫌を気にしすぎて
相手を味方か敵かで判断してしまい

 

人間関係がうまくいかず

 

大人になったあとも
苦しむ人が多い

 

というお話を伺いました。

 

以前も少しお話しましたが、

先ほど述べたような
不適切な関わりを
(他にもいっぱいあるけど)
受けて育った子どもは

不安定な家庭で生き延びるために
脳が変形する。

 

 

どこが変形するかは様々で

性的に被害を受けた子どもは
記憶する領域が萎縮し

夫婦間の暴力を目の当たりにしてきた子どもは
聴覚を司る領域が拡大する。

 

 

そして、
一見無関係に思える領域でも
脳は相互につながっているので

 

結果的に学校で

 

授業に集中できない
十分な睡眠が取れない
授業で習ったことが覚えられない

 

など
学校生活で苦しむことになり

さらに自信がなくなる。

 

 

いじめに繋がることも少なくない。

 

ということが最近の脳科学の研究で
わかっています。

 

 

 

脳が変形してしまうから
その子どもが大人になって
恋愛や結婚、子育てで
何かしらの問題を抱えるのは
想像できるよね??

 

 

でもね、人間のすごいところは、

脳は変形しても
大人になった後でも

自分の生き方は
自分で変えられる

自分の考え方は
自分で変えられる

というところ。

つまり、
傷ついた脳は
専門家と関わりながら
適切なサポートを得られれば
生きやすいように
新たに発達していける。

 

 

「このままじゃダメだ。」

「私は私の人生を生きたい!!」

「もっと幸せに生きたい。」

「子どもに同じ苦しみは
味あわせたくない。」

 

そう感じた人は

大人になった今やからこそ
自分の人生を選べるようになる。

 

 

研修では具体的に
どうやって育ちの傷を負った人たちを
ケアしていくのか
ということを中心に学びました。

 

虐待の連鎖を断ち切る唯一の方法

物事に対する捉え方を変える
ということ。

 

 

ピュアコミュニケーションの
本質も同じ。

 

ピュアコミュニケーションは
自分とのコミュニケーション
の土台があって
初めて
他人とのコミュニケーション
が育まれる
という考え方です。

 

レッスンの中で生きづらい捉え方から
自分が生きやすい捉え方にしていきます。

(継続が大事やから
継続レッスンがオススメです)

 

 

もし、
自分とのコミュニケーションを
取ろうとしても

ぐわっと感情が押し寄せて
その場から動けなくなったり

心拍数が上がって苦しくなったり

感情が爆発して
家族や大切な人を
実際に傷つけてしまう

自分を抑えたいけど
どう頑張っても抑えられない

という方は
虐待やDVなどの
専門的なサポートを受けた方が
良いと考えます。

 

 

一方、
自分との対話をしても
身体的に何か変化が起こらず
(例えば震えたり意識が飛んだり)

自分自身が変わりたい!!

と思う方は
【自己肯定感アゲアゲレッスン】
をオススメします。

▼詳細はこちら▼
http://pure-word.com/schedule/course/ageage

 

 

両親の関係は子どもの脳に
影響を与える

けど

親であるあなたは
これから将来的に親になるあなたは
大人である以上

自分の人生を変えられる

 

あなたの人生を
あなたが主人公として
生きていける。

 

 

そうすると結果的に

家族がうまくいけば
子どもの人生をも
より良い方向に導くことが
できます。

 

一人で悩まずに
周りの人に相談してみてください。

 

 

この記事が
お役に立てると幸いです。

愛を込めて。
Luna(るな)

 

 

♡竹田 真弓 アローラ 公式LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40gok1337b@gok1337b
*LINE@のお友達限定セミナーや
お茶会のご案内なども配信しています。

♡レッスンの詳細&お申し込みはこちら♡
https://www.agentmail.jp/ln/10/3/7611/133824/2084506/1/

♡7000人が読んでいる!
大切な人と素直な気持ちを伝え合える
ピュアコミュニケーション無料メルマガ♡
https://www.agentmail.jp/form/pg/1392/1/?blog

シェアする

ケンカっ早い子どもと関係を早く築く秘密、教えちゃいます。

\🌸耳よりなお知らせ🌸/

この春、
東京、大阪だけでなく
名古屋、和歌山でも
ピュアコミュニケーション
レッスンが上陸します✨

スケジュールをご確認ください(^^)
▼詳細はこちら▼
http://pure-word.com/schedule

こんにちは!

一般社団法人ピュアコミュニケーション協会
トップインストラクター兼
アシスタントのLunaです(^^)♡

私は日々、
0歳〜18歳のお子さんと
関わっています。

 

子どもたちの変化って
目が離せませんよねー(^^)♪

 

それと同時にトラブルも多発。
違う意味でも目が離せません…(汗

 

中でもヒヤヒヤするのは

 

「子どもが嫌なことがあると
すぐに手を出す。。。」

 

特に小学生を越えると
手をあげるようなケンカは
怪我になりかねません。

 

だからこそ対応に困るよねー…。

 

今回は小学生以上で
ある程度言葉でのやり取りができる
お子さんが

叩いたり蹴ったり髪を引っ張ったり
手をあげるようなケンカをした時、

 

子どもとの信頼関係がさらに深まる
大人のアクション
についてお話しますね。

 

 

まず、
言わなくてもわかるかと思うけど

 

ケンカ勃発中は
子どもたちの身の安全確保
第一優先。

 

その場に居合わせた大人は
まずは子どもを引き離し
安全を確保しましょう。

 

大切なのはその後!!

 

 

子どもから事情を聞くよね?
その聞き方が大切

 

環境設定からスタンスまで
様々なポイントがあるけど、

 

そのポイントの1つは
子どもの感情を整理すること。

 

 

子どもは自分の感情を
言葉でどう表現すれば良いか
わからないことも多いの。

 

だから、
怒りを言葉で表現せずに
怒りを発散させられるような
アクションを起こす。

そして、
私たち大人が心得ておくべきことは

怒り」は「感情」があってこそ
発生するものである
ということ。

 

怒りってね、
表面上の感情でしかないの。

 

怒りの鎧を1枚ペロンってめくると
そこには

 

「俺だけ仲間外れにされて寂しい。」
「嫌なことを言われて悲しい。」
「私の考えを否定されて苦しい。」

 

寂しい、悲しい、苦しい、辛い、嫌だ
などの感情が隠れています。

 

 

奥にある感情に目を向けずに
子どもが怒ったことや
子どもが手をあげたことなどの
表面上しか見ていないと

 

「この大人は何言っても
俺、私のことわかってくれへん」

 

って心のフタを閉じてしまします。
(あぁ…

 

 

子どもに反省促す前に

「どうしたの??」
「その時どう感じたの??」

 

って話を聞き、

 

そして

「そっか、〇〇君は
〜〜されて悔しいって感じたんやね。」

「それは悔しいね。」

「悔しいって感じてもいいよ。」

「そんなこと言われたら
悔しいって感じて当然やよ。」

 

って感情を認めながら
整理していきます。

 

 

感情を言葉で表せられない子も
珍しくないので、

 

「悲しかった?」
「嫌やった?」
「胸がギューってなった?」

 

など手助けしてあげてね。

 

 

そうやって感情の整理をし、
身近な大人に感情を認め
受け止めてもらうことができれば
安心できるので、ここで

 

次のステップ。
反省に進むことができます。

 

大人として
感情は何感じてもOKやけど
人を叩くアクションはNGってことは
伝える責任があるからね。

 

案外、小学生くらいになると
実は自分の行動はあかんかった
ってわかっていることの方が多いよ。

 

 

繰り返し説明するけど、

感情を言葉で整理して
自分のことを客観的に
見れるようになるからこそ

反省し、
次にすべきアクションを
起こすことができるの。

 

 

このプロセスなしに

 

「なんで人叩くんや!!」

「叩いたらあかんやろうが!!」

「同じこと何回も言わせやがって!」

って頭ごなしに怒るだけじゃ
子どもの心は離れていく。

 

 

一方、

 

感情を一緒に整理して
その感情を大人が受け止めてくれると
子どもは少しずつ
受け止めてくれた大人に心を開き
信頼関係がグッと深まるようになる。

 

 

私がケンカっ早い子や
すぐに人に手をあげてしまう子どもとの
関係を早く築ける秘密を
暴露しちゃったな。。笑

 

 

実はこのプロセス、
ほぼほぼ
<自己肯定感アゲアゲレッスン>
の流れにそっています。
▼詳細はこちら▼
http://pure-word.com/course/ageage

 

 

基礎を学べば、応用次第で

子育て
仕事場の人間関係
人材育成
愛する人との関わり
家族関係

に活かすことができます。

自分にできないことは
子どもにもできまへん。

 

 

人の悩みの9割は
人間関係
って言われてるから

学んで習得すれば
もっと別のことに時間や
エネルギーを費やすことができるよね。

 

 

この6月から全国各地で
インストラクターが
レッスンを開催予定!
▼詳細はこちら▼
http://pure-word.com/schedule/course/ageage

 

 

いきなり本レッスンはちょっと。。

 

 

という方はぜひ
体験レッスンにお越しくださいね(^^)
▼詳細はこちら▼
http://pure-word.com/schedule/course/ageage

 

 

最後までご覧いただき
ありがとうございました。

愛を込めて。
Luna(るな)

♡竹田 真弓 アローラ 公式LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40gok1337b@gok1337b
*LINE@のお友達限定セミナーや
お茶会のご案内なども配信しています。

♡レッスンの詳細&お申し込みはこちら♡
https://www.agentmail.jp/ln/10/3/7611/133824/2084506/1/

♡7000人が読んでいる!
大切な人と素直な気持ちを伝え合える
ピュアコミュニケーション無料メルマガ♡
https://www.agentmail.jp/form/pg/1392/1/?blog

 

シェアする