トップページ > ピュアコミュニケーションブログ

Pure Communication Blog

2018年 の投稿

【お仕事あるある】キャパオーバーを抱えてもいいことなんてない件

こんにちは!

一般社団法人ピュアコミュニケーション協会

アシスタントのAyumiです♡

 

あなたにはこんな経験ありませんか?

仕事でどうしてもキャパオーバーだけど
周りにどうSOS出せば良いか分からない。。。。

または

周りに頼める状況じゃない。。。。

 

普段

「人に頼れる事、甘えられる事」
が大切だとわかっていても、仕事だと別!

という場面もありますよね。
(もちろん職種にもよるでしょうが)

私の場合、、、

◎メイン担当はAという仕事
◎一方、Bという仕事も担当していて
Bは私の進捗次第で全体に関わる内容

=Bにはスピードと正確さが求められる
 さらに全体に関わるから責任重大

 

しかーし

Bは内容が煩雑で、私も担当したばかり。
だからBを進めるには時間はかかるし、
本来出すべき結果との乖離も出ていました。

だけど、Bは本来サクッと終わらせて
メイン担当のAに時間を割くべき。

なのに何度やり直してもBから抜けられない!!
本末転倒になりそうで、これは困った!!!

 

 

という場面がありました。

こんなとき、あなたはどうしますか?

きっと真面目で責任感が強い方ほど
抱え込んだり、 Bに時間をかける方
が多いのではないでしょうか?

こんな時にも
ピュアコミュニケーション
役に立ちます。

私がどうしたかというと、、

正直にストレートに申告しました。

↓↓↓

今、不慣れなこともあり
Bに一日の大半を割いていて
Aの業務が滞っています。

お時間いただいて申し訳ないのですが、
◯時間だけAの仕事を進めさせてください。

終わり時間の目安を必ず伝えています。

 

 

そうしたら、周りの人たちは

「急がないからAを進めていいよ」
「抱え込むことはしないでね」

と全員言ってくれました。

 

そう、言わなければ伝わらないんです。

仕事の場面では、自然と助け舟を
出してくれる優しい方もいるかもしれません。

 

ですが、仕事だからこそ

・どんなに頭をひねっても到底間に合わない
・今の自分にはキャパオーバー
(自分を低く見るという意味ではなく)

そんなことを認める強さも必要です。

そして、

 

それを「伝えて」助けを求める、
解決策を提案してもらう

と言った頼れることも必要です。

 

イチ会社員であり、
クライアントや他部署が関わるなら
なおさら、ですよね(*^^*)

 

 

なぜなら・・

一番大切なのは誰?

仕事?会社?クライアント?

あなただから(*^^*)

 

 

 

結局のところ、自分の仕事を
どのように回すかも最終的には自分の責任。

 

 

あなたが自分を一番大切にできる仕事の回し方は

どんなやり方でしょうか?

 

 

あなたがたった1回
SOSを出しただけでみんなが
険悪になるようなら、
そこは本当に今のあなたがいるべき場所?

と個人的にはモヤモヤを感じます。

 

私は今でも仕事は抱え込みやすいタイプ。

ですが、ピュアコミュニケーション
人に頼る・甘えるということを学んでから

 

できないことはできない!
間に合わないものは間に合わない!

と、少しずつですが伝えられるようになりました。

「どうしよう、もうキャパオーバー・・」

そうなる前に、ほんの少しでいいから
周りの人に甘えられるあなたになりませんか?♡

 

『アローラカフェ』(LINE@お友達限定お茶会)

開催決定!!!

日時:11月21日(水)10:30〜12:30

詳細は、LINE@にて♪

10月21日(日)22時お申し込み開始!!!

♡竹田 真弓 アローラ公式LINE@♡

https://line.me/R/ti/p/%40gok1337b@gok1337b
*LINE@のお友達限定セミナーや
お茶会のご案内なども配信しています。

 

♡レッスンの詳細&お申し込みはこちら♡
https://www.agentmail.jp/ln/10/3/7611/133824/2084506/1/

♡6200人が読んでいる!大切な人と素直な気持ちを
伝え合えるピュアコミュニケーション無料メルマガ♡
https://www.agentmail.jp/form/pg/1392/1/?blog

シェアする

超悲惨…!私が声が出なくなったワケ。

こんばんは♡

一般社団法人ピュアコミュニケーション協会

アシスタントのAkikoです♡

実はここ一週間、

声が全く出なくなってしまいました…。

お医者さんからは、

「気管支炎か咳喘息の疑いがありますね。」

と言われ、処方されたお薬で咳はすぐに改善。

ただ、声だけは頑なに出ないまま…。

「もうすぐ治るでしょ!」

「咳喘息の症状でも、声枯れとかあるし!」

と軽く考えていたのですが、

さらに声が出ない日々が、何日も続きました。

 

職場でも電話対応もできず、

周りの人へも何も伝えられず、

誰ともコミュニケーションが取れず、

もどかしい毎日…。

そんなある日、美容院へ行きました。

声が出ないと口パクで伝え、

美容師さんの話を聞いていると、突然、

「ストレスではないですよね!?」

と言われ、ドキッ…。

と同時に、

「やっぱりそうか…。」

思う自分もいて、その事実を認めた瞬間、

心がスーッと軽くなり、

少しずつ声が出るようになりました。

あれだけ自分とのコミュニケーションが大事!

自覚していながら、

「大丈夫!まだいける!」

「私は大丈夫!私が頑張らなきゃ!」

と、心身ともに疲れている本当の心の声を

無視して、頑張りすぎていたのです。

 

気づいてはいたけど、

無意識に見て見ぬ振り…。

 

それよりも毎日の予定をこなすことや、

自分の体力と精神状態を保つのに、

必死でした。

そんな自分への雑な扱いに反省した私は、

一週間何も予定を入れず、

自分自身とよく向き合いました。

「気づかないフリして、ごめんね。」

「疲れてたよね…。」

「何が負担だったかな?」

「次からは、ゆっくり休む時間も作るね!」

と、自分自身と向き合い、会話する時間を作り、

好きな音楽を聴いたり、睡眠をたくさんとったり、

最近全然作れていなかった、

自分とのデート時間をゆっくり過ごすことで、

気持ちがスッキリ!!!

「あーやっと気づいてくれた(*^^*)♪」

と自分自身の心の声が聞こえた気がしました。

私がするべきことは、

他の人とのコミュニケーションを優先して、

声を出すことに専念するのではなく、

自分とのコミュニケーションの時間を作り、

素直な心の声を聞いてあげること。

 

みなさんも、

毎日お仕事でバタバタしたり、

予定をこなすことに専念してしまい、

*自分自身を見失っていませんか?

*大切な身体は、疲れていませんか?

*「休む時間作って!!!」と、

悲鳴をあげていませんか?

「大丈夫!」と我慢をする癖がついている人は、

要注意!!!

身体の限界がきてしまう前に、

絶対に無理はせず、一度足を止めて、

ゆっくり立ち止まる時間も必要です(*^^*)♪

急に寒くなってきたので、暖かくして、

ご自身に優しく接してあげてくださいね♡

『アローラカフェ』(LINE@お友達限定お茶会)

開催決定!!!

日時:11月21日(水)10:30〜12:30

詳細は、LINE@にて♪

10月21日(日)22時お申し込み開始!!!

♡竹田 真弓 アローラ公式LINE@♡

https://line.me/R/ti/p/%40gok1337b@gok1337b
*LINE@のお友達限定セミナーや
お茶会のご案内なども配信しています。

 

♡レッスンの詳細&お申し込みはこちら♡
https://www.agentmail.jp/ln/10/3/7611/133824/2084506/1/

♡6200人が読んでいる!大切な人と素直な気持ちを
伝え合えるピュアコミュニケーション無料メルマガ♡
https://www.agentmail.jp/form/pg/1392/1/?blog

シェアする

【実例あり】相手より先に自分が変わろう論

こんにちは!

一般社団法人ピュアコミュニケーション協会

アシスタントのAyumiです♡

 

\まずはちょっとしたお知らせ/
インストラクター主催の『クリスマスパーティ』を開催します!

♡日時:2018年12月2日(日)11時30分~14時
♡場所:六本木にある貴族の邸宅のようなレストラン♪

楽しくお食事をしながら、
ミニセミナー&クリスマスにぴったりの
豪華お土産つき。

ゆったりとした時間が流れる
贅沢な空間を一緒に楽しみましょう(*^^*)
詳細Coming soon★

 

それでは、本日の本題です。

 

相手に変わって欲しければ、
まずはあなたが変わりましょう。

これは、よく聞かれる言葉ですよね。

 

 

こちらでブログを
書いておきながらなんですが、
私には今パートナーはいません。

 

だけど、幸い今の職場や
飲み友達には男性が多いため、
彼らにピュアコミュニケーション
させていただいています。

 

 

そんなある日のことです。

 

ある男友達が変わりました。

 

友人から届いたある日のLINEに、

「◯◯してくれてありがとう」

という一文が入っていたのです。

(その週にある飲み会の打ち合わせLINEでした)

 

もともと親切で礼儀正しい人だったけど、
友人が過去にこの言い方をしていたことはありません。

心当たりといえば、私はいつも
お礼や嬉しいことを伝える時

「◯◯してくれて(相手がしてくれた事)
ありがとう/嬉しいよ」

という伝え方をします。

 

このフレーズがそのまんま
伝染していたんですね。

 

実は、この現象は
当協会の生徒さんたちの多くが
体感しています。

例えば、ピュアコミュニケーションの
代表フレーズ「◯◯してくれたら嬉しいな」

これは特に、多くの生徒さんの
彼にうつっています。笑

 

 

何が言いたいかというと、

コミュニケーションは伝染するんです。

 

今回は良い例ですが、逆も然り。

 

あなたは普段、
身近な人にどんな言葉の
シャワーを浴びせていますか?

相手の幸せを考えた言葉を
かけてあげられていますか?

 

私は普段のコミュニケーション方法を
見直す良いきっかけになりました(*^^*)

 

あなたもこの機会に、
普段のコミュニケーションを
振り返ってみてもいいかもしれませんね♡

 

 

それではまた。

 

Ayumi⭐︎

♡竹田 真弓 アローラ 公式LINE@♡
https://line.me/R/ti/p/%40gok1337b@gok1337b
*LINE@のお友達限定セミナーや
お茶会のご案内なども配信しています。

♡レッスンの詳細&お申し込みはこちら♡
https://www.agentmail.jp/ln/10/3/7611/133824/2084506/1/

♡6200人が読んでいる!大切な人と素直な気持ちを
伝え合えるピュアコミュニケーション無料メルマガ♡
https://www.agentmail.jp/form/pg/1392/1/?blog

シェアする