トップページ > ピュアコミュニケーションブログ

Pure Communication Blog

カテゴリー:絆を深めるコミュニケーション♡

「自分は〇〇な存在だ!」って言えますか?

\🌸耳よりなお知らせ🌸/

この春、
東京、大阪だけでなく
名古屋、和歌山でも
ピュアコミュニケーション
レッスンが上陸します✨

スケジュールをご確認ください(^^)
▼詳細はこちら▼
http://pure-word.com/schedule

こんにちは!

一般社団法人ピュアコミュニケーション協会
トップインストラクター兼
アシスタントのLunaです(^^)♡

 

 

前回は
愛着障がい
についてお伝えしました。
(記事はコチラをクリック)

ある福祉コミュニティで
こんな体験談があります。

キラキラした笑顔を持つ

高校生のさとしくん(仮名)。

彼が持つ障がいは
愛着障がい。

嫉妬深く
担任の先生がクラスメイトを褒めると
褒められたクラスメイトを殴ったり
褒めた先生を蹴ったり

暴力を振るってしまう

それが繰り返されると当然、
クラスで孤立してしまう。

病院でお薬による治療もしていましたが、
薬を飲んでるのに
学校でうまくいかない苛立ちから

「ドクターのせいや!!!」

と怒りドクターを殴ってしまい、

ついには病院からも受け入れを拒否され
どこにも受け皿がなくなっていた

さとしくん。

ご両親も困り果てていたところ、
ある福祉コミュニティに入ったところ、
暴れることがびっくりするくらい
極端に減少。

この福祉コミュニティのスタッフが
さとしくんにし続けたことは2つ。

1つは
常に褒め言葉のシャワーを
浴びせ続けること。

もう1つは
さとしくんに役割を与えること。

幼い頃に事情があって
ご両親に甘えを受け止めてもらえず
人間関係の土台となる
愛着
を築けなかったさとしくん。

そのためさとしくんは
人一倍承認欲求が強い
男の子でした。

だからこそ、
毎日些細なことでも
褒めて褒めて褒めて
承認欲求の中の

「認めて欲しい!」

という気持ちを満たし、

同じ福祉コミュニティに遊びに来た
小学生と遊ぶところから役割を与え、
承認欲求の中の

「誰かの役に立ってる実感が欲しい!」

という気持ちを満たし続け

「自分を素晴らしい存在だと思う気持ち」

自己肯定感を育んでいったの。

タネから1つの花を育てるように。

さとしくんは
暴れていた当時と今を
次のように振り返っています。

「暴れてた頃は、寂しくて寂しくて、
親もクラスメイトも先生も
満たしてくれなくて
いつもイライラしてた。」

「今は、埋まらなかった寂しさが
満たされたって実感できる。
なにより、
自分に自信を持てるようになったことが
嬉しい。」

さとしくんは
自分に自信がなくて常に寂しくて
誰かに見放されるんじゃないか
という恐怖の日々から

自分を素晴らしい存在だと感じ
自分に自信を持ち
自分と関わる人を幸せにしたい
満たされた日々を送れるようになった。

こーんなに劇的ビフォーアフターな生活に
変化させちゃうくらい、

自己肯定感

って重要なのよね。

その、自己肯定感の基盤は
親子関係。

だからこそ、
親であるあなたや
親になる前のあなたに
この大切さに気づいてほしいの。

あなたはあなた自身のことを

「自分は素晴らしい存在だ!」

って言えますか??

もし、、

少しでもためらってしまったり
言えない、、、と感じるのであれば、
お手伝いさせてくださいね(^^)

レッスンでその日すぐに
実践できる方法も
詳しくお伝えさせていただきます✨

▼詳しくはコチラ▼
http://pure-word.com/schedule

最後までご覧くださり
ありがとうございました♡

愛を込めて。

Luna(るな)

♡竹田 真弓 アローラ 公式LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40gok1337b@gok1337b
*LINE@のお友達限定セミナーや
お茶会のご案内なども配信しています。

♡レッスンの詳細&お申し込みはこちら♡
https://www.agentmail.jp/ln/10/3/7611/133824/2084506/1/

♡7000人が読んでいる!
大切な人と素直な気持ちを伝え合える
ピュアコミュニケーション無料メルマガ♡
https://www.agentmail.jp/form/pg/1392/1/?blog

シェアする

ドキ!コミュニケーションは〇〇する。

こんばんは!

一般社団法人ピュアコミュニケーション協会
トップインストラクター兼
アシスタントのLunaです(^^)♡

\🌸耳よりなお知らせ🌸/

この春、
東京、大阪だけでなく
名古屋、和歌山でも
ピュアコミュニケーション
レッスンが上陸します✨

スケジュールをご確認ください(^^)
▼詳細はこちら▼
http://pure-word.com/schedule

 

なぜか生きていくのが苦しい…。

なぜか人間関係うまくいかない…。

 

人間の悩みの9割
人間関係の悩みやと言われています。

 

そして、
その生きづらさや人間関係の難しさは
子どもたちへと連鎖していく。

 

 

実際、両親のコミュニケーションが
子どものコミュニケーションに
影響を与えるということが
研究の結果わかっています。

 

 

小さい時から親のコミュニケーションを
見て育つので納得ですね。

 

 

今日は幼少期の親との関わりが
子どもにどんな影響を与えるか、

 

ちょっと専門的な内容も含めながら
お伝えしますね。

 

 

みなさん、

 

愛着障がい

 

ってご存知ですか???

 

 

 

私たちは他の動物と違い、

オギャー!!と生まれてから
しばらくの間、

周りの大人に頼って生きるよね。

 

生まれていきなり
「腹減った〜!」
って肉にかぶりついたりせえへんよね。笑

 

 

その、
周りの大人にお世話をしてもらうために

 

 

本能的に
自分の身近な人と心の結びつきを作り、
心や体の安全を確保するために

 

 

愛着

 

 

という関係を特定の大人と結びます。

 

 

人間に生まれつき備わった
生きる知恵やの。

 

 

例えば、
赤ちゃんが笑ったり、
子どもがお母さんの姿が見えなくなると
泣いたりするのも愛着行動。

 

 

愛着は甘え、受け入れてもらえる
を繰り返し強くなる。

 

 

そして、この「愛着」は
自分や他人への基本的な信頼感
に繋がっています。

 

 

逆に、小さい時に
特定の大人に
甘え、受け入れられる経験
ができなかったら・・・

 

 

土台がグラグラして
自分も他人も信じられなくなり、

様々な人間関係のしんどさ
が生まれます。

 

 

自分とも他人とも信頼関係が築けず、
本人も周囲も
生きづらくなった状態

 

 

それが愛着障がい

 

 

この愛着障がい、

一般的に「放置された子ども」に
起こると思われがちやけど、
そんなことはない。

 

 

もちろん放置、
(専門用語でネグレクト)
にある子どもにも起こりうる。

 

 

その他に、

●親の否定的な関わり

(例えば
「うるさい!」
「もうあんたのことなんか知らん!」
「そういうことする子、嫌い!」
と言う)

 

●支配的な態度

(例えば
「言うことを聞きなさい!」
「なんで言うこときかんのや!!」
と言う)

 

 

があります。

否定的な決めつけ、見下す、からかう、

「あんたはダメな子」と人格否定、

乱暴な言葉遣い、感情のはけ口にする、

しつこい説教もあげられる。

 

 

 

どうかな。

 

なんか、、、

 

日常に潜んでね!?

 

 

子どもを愛着障がいに
してしまうリスク高くね!?

 

 

親だけでなく、
先生や近所の人とかも含め。

 

 

私、冒頭でなんて言いましたっけ?

 

親のコミュニケーションは
子どものコミュニケーションに
影響するって言いましたよね??

 

いま、私たちが大人として
子どもとの関わりづらさを抱えているなら
それも私たちの親の影響
少なからずあります。

 

 

中には、
「絶対親みたいになりたくない!!」
と反面教師にして勉強を重ね
人生に生かしている人もいるね。

 

 

私たちももう大人。

 

 

生き方を
自分で決めることができる。

 

 

親も祖父母も先生も
近所の人も関係ない!

 

 

大人である私たちが

「自分は素晴らしい存在だ!!」

と心から思え、

 

自分のことを信じられるようになれば、

 

「自分も他人も信じるコミュニケーション」
そして
「男女が愛し愛されるコミュニケーション」

 

を日々実践し、

 

 

結果的に子どもの生きづらさを
解消できるようになる

 

 

虐待する親は〜
DVが〜
犯罪をするやつは〜

云々よく耳にするけれども、

 

 

私たち大人が

 

自分自身を素晴らしい存在やと思い
大切な人を大切にする
パートナーシップの築き方を

 

身につけることがとても重要よね。

 

連鎖を断ち切るために。

 

自分を素晴らしい存在やと思える
自分とのコミュニケーション法は
自己肯定感アゲアゲレッスン

 

 

大切な人と心から結び合える
男女が愛し愛される
コミュニケーション法は
甘え上手レッスン

 

 

お伝えしています(^^)
▼詳細はこちら▼
http://pure-word.com/course

 

 

なんか、
熱がこもってきちゃった。笑

 

 

怖い話をした後に
急に修造っぽくなってしもて
強引感を感じるので(笑)、

 

 

次はある福祉コミュニティで
愛着障がいを持ったお子さまが

 

「生きるって楽しい!」

 

と思えるようになった
体験談も織り交ぜながら
お伝えしますね(^^)

 

 

最後までご覧くださり
ありがとうございました。

愛を込めて。
Luna(るな)

♡竹田 真弓 アローラ 公式LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40gok1337b@gok1337b
*LINE@のお友達限定セミナーや
お茶会のご案内なども配信しています。

♡レッスンの詳細&お申し込みはこちら♡
https://www.agentmail.jp/ln/10/3/7611/133824/2084506/1/

♡7000人が読んでいる!
大切な人と素直な気持ちを伝え合える
ピュアコミュニケーション無料メルマガ♡
https://www.agentmail.jp/form/pg/1392/1/?blog

シェアする

DV をする人ってどんな人??

こんばんは!

一般社団法人ピュアコミュニケーション協会
トップインストラクター

アシスタントのLunaです(^^)♡

 

 

前回の記事では
女性自身がパートナーからの
DV(暴力)被害から身を守るために、
DVとはどういうものか
を具体例をあげてお伝えしました。

前回記事はこちら▼
DV って知ってる?「私は大丈夫!」って思ってない?

今回からは、

「あれ?もしかしてDV ??」
「これから自分の身を守りたい!」
「子どもをデートDV から守りたい!」

という方に向けて、

 

DV をする側(加害者)の特性

⑵今のパートナーが
あなたとの関わりで良い方向へと
変化する男性か否かの見分け方

 

の2つを2回に分けてお伝えするよ。

本日は

DV をする側(加害者)の特性について。

 

 

基本的に、DVをする側の人は
自分が悪いとは思ってません。

 

 

DVってね、
常に暴力や暴言吐いてるわけじゃないのよ。
(重症化すると暴力や暴言ばっかになるけど)

 

私たち専門家の中では
DVサイクル
と呼ばれるサイクルがあるの。

 

 

①イライラしてすぐに機嫌が悪くなる

②暴力、暴言を振るうようになる

③別人のように優しくなり反省する。
「もう二度とこんなことせえへんから
「俺、お前がおらなあかんねん。」
「お前のこと好きすぎるわ♡」
「これからも一緒にいよね♡」
とか甘い言葉を囁く

許す

また①に戻る

 

がサイクルとなって繰り返される。

 

 

「自分ではそんなつもりないのに、
つい勝手に手が出てしまう。」

とか言ってる人もいるけどね、
私はあえてはっきり言うよ。

 

DV(暴力、暴言)は
それが相手を一番自分の思い通りにする
効果的な手段として選択してます。

 

 

意識的か無意識的かは別にして、
即効性のある手段
であることはわかってるんよね。

そして、
あなたをコントロールできる手段
ってことを知っている

 

だから使うの。
てっとり早いから。

 

 

そんでその後、

ごめんねってして
お前しかいないって甘い言葉ささやいて
仲直りしよってSEX求めて
断ったら「いつまでも引きずりやがって!」
って悪態ついて
SEXしようがしまいが
またイライラして

 

を繰り返す。

 

誤解のないように言っておきますが、

私はDVをする側、
DVをした経験がある人たちも

正しい感情の扱い方、
適切な人との関わり方を学び、

信頼できる人からきちんと
継続的にサポートを受けることができれば

幸せなパートナーシップを築けるようになる
可能性は持っていると考えています。

全員とは言わんけど。
(実際過去におつきあいした人の中にも
元カノに暴力を振るっていた人はいました爆)

 

 

アメリカでは
パートナーに暴力を振るって(DVして)
逮捕された人は

 

裁判所から
DVから更生するプログラム
参加するように命令が下るのね。

 

 

その更生プログラムに参加しても
やっぱり
「自分は悪くない!」
って思って参加してる人は
効果が低いし
再犯率も高いのが現状。

 

それでも正しい怒りの扱い方や
正しいパートナーとの接し方を学べる
場所があるのは心強い。

 

 

日本ではその更生プログラム自体が
圧倒的に少ない。

 

少しずつ
有識者を交えながら進んではいるんやけど
まず裁判所から参加の命令が下る
システムもないし、

 

DVした側が
「自分が変わらなきゃいけない!」
と思わなきゃ
まぞそんな場所があるってことも知らない。

 

気に入らないことがあったら
怒りのままに
人にぶつけちゃいけないってこと

 

正しい怒りの扱いかた

 

お互いに幸せな
パートナーへの振る舞い方

 

を学ぶ場所が
圧倒的に少ないし、

まず
自分の感覚がおかしい
なんて気づく機会も
圧倒的に少ない。

 

だからこそ、
女性自身が

いかなる暴力も

 

いかなる暴言も

 

いかなる支配も

 

許さない

ってことがものすごく大切。

でもさ、いきなり

「許さないことが大切」

って言われてもなんか怖いよね。笑

 

 

だから次回は
⑵今のパートナーが
あなたとの関わりで良い方向へと
変化する男性か否かの見分け方

をお伝えするね。

 

 

DVに関することって
ついついアツクなっちゃって
いっぱい知ってほしいと思って
詰め込みすぎちゃいそうになって
わかりにくくなりがち。泣

わかりやすくお伝えできるように
少しお時間をくださいね。
必ずお伝えします。

最後までご覧いただき
ありがとうございました。

愛を込めて。

Luna(るな)

♡竹田 真弓 アローラ 公式LINE@
https://line.me/R/ti/p/%40gok1337b@gok1337b
*LINE@のお友達限定セミナーや
お茶会のご案内なども配信しています。

♡レッスンの詳細&お申し込みはこちら♡
https://www.agentmail.jp/ln/10/3/7611/133824/2084506/1/

6200人が読んでいる!
大切な人と素直な気持ちを伝え合える
ピュアコミュニケーション無料メルマガ♡
https://www.agentmail.jp/form/pg/1392/1/?blog

 

シェアする